バイアグラがほしい!バイアグラの入手方法

バイアグラがほしい!バイアグラの入手方法

バイアグラの個人輸入について

バイアグラの入手方法、個人輸入

バイアグラを個人で輸入して、服用することは違法ではないのでしょうか?

 

これはあくまでも個人使用ということであれば合法となります。ただし、他人に譲ったり、販売したりすると罰せられます。もちろん、家族内でのやり取りもダメです。

 

日本では使用は認められているバイアグラですが、輸入して販売することは認められていません。ですから、インポテンスで悩んでいる人が個人で使用する分を個人輸入して使用する分には、バイアグラを使っても合法だということです。

 

もちろん、事故が起きた時にも個人の責任において、自分が使用する分だけを輸入することが前提です。

 

ただし、医薬品の輸入許可を持たないものが大量に輸入して、誰かに販売して利益得ようとすると、完全に違法となります。

 

今ではインターネットが普及して、様々なものがそれを通じて販売されています。

 

もちろん探せば、バイアグラを販売しているところはたくさん見つかりますが、その人がきちんと輸入許可を取っているかどうかを確認することはとても難しいのが現状です。

 

バイアグラはきちんと使えばとても効果のある薬ですが、偽物を販売している業者がいることもうわさに聞きます。

 

バイアグラを個人輸入するときには、きちんとしたところにお願いするようにしましょう。

 

バイアグラを日本で買う

 

バイアグラを日本で買う

バイアグラにの効果については多くの人がご存知だと思います、さらに、バイアグラを海外から取り寄せることもできることも広く知られています。

 

しかし、日本の薬局でバイアグラを見かけることがないのに、ネット通販で取り寄せることが合法なのかと思う人もいるかもしれません。

 

グレーゾーンという言葉を聞いたことがあると思いますが、バイアグラの通販もグレーなのではないのかと思われるかもしれません。

 

結論から言うと、バイアグラのネット通販は合法なのです。

 

詳しく説明しますと、アメリカではバイアグラの購入には処方箋が必要ですが、これはアメリカ国民のためのルールで日本人には適用されるものではありません。

 

もちろん日本人がアメリカでバイアグラを購入しようとしたら、アメリカでの処方箋が必要となります。

 

さらに、アメリカ政府は、バイアグラのアメリカからの輸出は認めています。使用を認めるかどうかは輸入国に任せているのです。

 

だから、日本人がアメリカの医師に診察してもらいバイアグラの処方箋をもらい、バイアグラを購入して日本に持ち帰ることは法的に何ら問題がないということになっています。

 

また、個人輸入によるバイアグラの日本での購入についてですが、これについても禁止されているわけではありません。ただし、規則があるのです。

 

規則は日本の薬事法という法律に決められているものですが、個人が自分で使用するために薬を輸入するためであることが決められています。

 

また、1か月以上分の使用量を一度に購入することが決められています。このルールを守ればバイアグラを日本で購入しても何ら問題はないのです。

 

あと、個人輸入を代行する業者についても規則があります。日本の薬事法では、「医薬品の輸入の許可を持つもの以外が、業務として医薬品の輸入してはならない」としています。

 

個人輸入代行業者が、商売としてバイアグラを輸入して販売してはいけないのです。

 

逆にいえば、「医薬品の輸入の許可を持つ」人に個人輸入の代行をしてもらうのは、日本でバイアグラの購入しても問題はないということになるのです。

 

バイアグラの販売価格について

 

バイアグラの販売価格

バイアグラの人気から1錠が1万円以上もするケースもあるそうです。しかし、これほど価格に違いがあるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、アメリカにはバイアグラの価格規制がないからにほかならないのです。バイアグラはその人気から常に品薄の状態が続いています。また、アメリカからの個人輸入をするケースでも代行業者が値段を釣り上げているケースがあります。

 

アメリカ国内では、バイアグラ50rは1錠9ドルほどです。30錠入りのボトルタイプのものでも270ドルが販売希望価格です。しかし、品薄状態のときにはアメリカでもこの価格よりも高額で取引されることが多いようです。

 

そのために、海を渡って日本に来ることにはこれよりも高額なケースが自然と増えているようです。

 

また、日本に個人輸入する場合にはほとんどの場合は送料が20ドルかかります。また、処方箋発行料や代行手数料などもかかり、アメリカで販売されている価格のまま、日本で購入することは難しいのが現状です。

 

しかし、冒頭にもあるように1錠1万円以上というのは、あまりにもアメリカの販売価格とはかけ離れすぎだといえます。このような価格で販売している業者は信用できない業者だともいえます。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ